HOME > 浄化槽事業

浄化槽事業 ~水処理メンテナンス~

水は基本資源です。安心できる水処理はお任せ下さい。

浄化槽とは・・

水中の微生物の働きで汚物を分解して、きれいな水にして放流する装置です。
川や湖を汚している主な原因は生活排水です。その切り札として期待されているのが浄化槽です。一般家庭から排水される生活排水が大きな原因として社会問題となっています。河川や湖などの水質を保全するためには、水を汚す大きな原因である生活排水の処理対策を進めることが大切です。その切り札として期待されているのが浄化槽です。放流水は汚水処理場の水質と同じです。

浄化槽の構造(仕組み)

独自の生物濾過技術で、より透明感のある水質を実現水処理の原点“濾過”を見直して、ポリエチレンの担体を充填し、オリジナルの生物濾過槽を採用し、外装はDCPD樹脂で強度が向上し支柱レスを可能、焼却も可能です。

例:小規模合併処理浄化槽(嫌気濾床生物濾過方式) KGA2型の例構造図付

浄化槽の維持管理や点検作業はとても大切です。

水をきれいにする主役は微生物です。処理装置は、それぞれの微生物が働きやすい環境となるように工夫されています。ですから、その環境を保つためには浄化槽の維持管理、浄化槽の点検作業が大切になります。